まどろみの残り香

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢というのは時々、特定の過去、特定の場所、特定の感情に
私たちを引き戻してくる。

というよりは、特定のそれらを、今に引っ張り込んできてしまう。
それは近頃は殆ど姿を現さない思いの断片だったりして、
ああ、せっかく忘れていたのに・・・

と思いつつも、嫌いな感情ではない。

目覚めるまでは、それがさも「今」起こってることであるように
錯覚しつつも、意識のどこかで、これはもう手に入らないと
わかっている。

だからか、夢の最後でもその対象は手の届かない、
どこかわからないところに行ってしまった。
そして目が覚める。

こうして夢に喚起されたそれは、しばらく私の意識の中で戯んで
また数日して去っていくのだろう。

切なさと、懐かしさに加わる数パーセントのここちよさが
少し癖になる、まどろみの残り香である。

↓ノスタルジックな曲調が、好き。

tokio hotel – alien

(歌詞は一部抜粋)
I lay down on the edge
I feel my whole life on rewind

See your face?In the crowd
A million times?I\’m drowning, I\’m fallin´
I hear myself callin´

Save me with your love tonight
Come and bring me back to life

Save me with your light tonight
You can make the darkness shine

Come and kill the dream gone bad
Come and wake me from the dead

You can make the darkness shine

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

書いた人
めぐ茶めぐ茶
Web制作とシステムの会社をやってるワーママ社長です。
詳細プロフィール