2018年のふりかえりと来年の抱負(仕事メイン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年も、沢山の人に支えられ、出会いに恵まれた1年でした。
睡眠時間3~4時間でぶっちぎる日々も続いて、一時は死ぬかと思ったけど、振り返るととても充実し、成果が出る案件も増え(これからの案件もありますが)、成長させていただきました。

2018年のふりかえり

今年もお仕事やご縁が増えた

フリーランス時代からおつきあいのあるお客様様に加え、事業会社様や、広告代理店様、仲間の制作会社様とも引き続きご縁をいただき、非常に恵まれた中でお仕事をさせて頂けたことに感謝したい。

東京の案件が増えた

かねてより念願の東京のお仕事を頂き、ちょこちょこと上京できた。
以前から東京にはお客様がいらっしゃるのだけれど、今年になって大きめの事業会社さんとのご縁を頂く。
この田舎の業者でも通用するかなと心配もあったけれど、仕事で必要とされる本質的なことは変わらないと気づく。
むしろ小回りと融通の利くサービスができるという地方の企業の良さを発揮して、引き続きお役に立っていきたい。

ノープランだけど会社が成長

現在のところ「WEBでできるを実現する(お客様の叶えたいことをWEBの力で叶える)」というふわっとした理念があるのみで、それ以外は基本的にノープラン。
まずはご依頼頂いた物を選り好みせず挑戦させて頂こう!と言うスタンスなので、成長率は120~150%くらいで良いと思っていたのだけれど、振り返ってみると、成長率が170~180%に帰着する見込み。
しかし、こなせる体制づくりが課題になる。

時短・リモートのメンバーさんが増えた

春先より時短メンバーさん(時期により2~5名)に仕事を助けてもらうことに。みんなに手伝ってもらいながらお仕事をすることを学んだ。
体制づくりにあたっては、相棒の里香ちゃんのマネジメント力にも多分に救われる。

ドラッカー読書会に参加

月に1回のドラッカー読書会に参加しています。
1人では読み解くのが難しい禅問答のような内容ですが、先生方の素晴らしいファシリテーション力と、経営者の先輩方との気づきのシェア、実体験を踏まえた情報交換を通して、エグゼクティブに求められる能力を具体的に学ばせていただいた。継続的に参加していきたい。

盛和塾 富山に入塾

念願の「盛和塾 富山」に入塾。入塾にあたってはたくさんの経営者の先輩方との出会いやご指南をいただいた。(ありがとうございました!)
入塾直後に、「あと1年で盛和塾解散」の発表があり驚愕するとともに、真摯に学ぶ1年にしようと決意。

念願のシステムがらみの案件を完遂

プログラミングが結構好きなのですが、なかなか仕事でさせて頂く機会にも恵まれず、悶々としていたところ、今年は例年よりコードを書く機会に恵まれた。

Ruby on Rails

念願のRuby on Railsを使った名簿管理アプリを完成。運用開始。
開発にあたっては、Toyama.rbというRubyの勉強会に参加させていただき、刺激を受ける。

WordPressのプラグイン開発

こちらは相棒の里香ちゃんがメイン。粘り強さを発揮してくれました。
テーマ開発だけでは完結できない本格的なカスタマイズを行い、無事リリース。

システムの仕事について思うところ

一時、思うところあって、システム関係の仕事は控えようかと思っていたのだけど、そんな折に、取引先のエンジニアさんに「プログラムをやっているという旗を下げないで欲しい。揚げ続けていて欲しい!」と願いを込めて言っていただいたことが、私も里香ちゃんも心に残っていて、今に繋がっている。
システムを本業でやっている会社には適わなくても、システムもできるWEB制作会社という立ち位置での貢献を考えていきたい。

オウンドメディア、SNSの運営、アクセス解析

こちらも相棒の里香ちゃんをはじめとしたメンバーさんがメインのお仕事。
昨年に引き続き育児用品を製造販売していらっしゃるメーカーさんの長期のファンづくりのために、メディアサイトの記事の作成、アクセス解析による効果検証・改善までをさせて頂いております。
今年は新しく、Instagramの写真撮影や投稿のお手伝いもさせて頂いた。
べびちぇる by リッチェル・ベビー

ネットショップ

FutureShop

はじめて、FutureShopを使用した案件に携わる。
ベテラン店長であるお客様とのやりとりの中から、刺激や学びの多い案件だった。

Welcart

Welcartを使用した案件に携わる。
「アップライトチェア」の通販(子どもの姿勢が良くなる椅子)のランディングページも作成。

BASEセミナーの講師

富山県総合情報センターさん主催のセミナー枠で、ネットショップASPである「BASE」のセミナー講師をさせていただいた。
ただ使い方をレクチャーするだけでなく、ネットショップ店長経験者の視点から、売るためのアドバイスなども盛り込んだ内容になるよう工夫した。

その他 下請けのお仕事

コンペのプレゼン同行

自社では決して出ないプロポーザルやコンペの類いだが、今年は親請けさんの依頼でプレゼンに同行。
ぺらぺらと喋らせて頂いたところ、ありがたく受注。
たまにこのような機会を頂くこともありがたいものです。

デザインの下請け

私自身が、WEBデザインのお仕事をそこそこ大量に短期間にさせて頂いた結果、速度と品質ともに改善を見る。
が、私がデザイナーとディレクター・経営者を兼ねていることが「会社的」には人手不足のボトルネックになっているので、もう1人採用するなど、何らかの対策が必要。
(ついでに下請けの方がデザインがしっかり作れることが多いのに、下請けの立場では実績として公開できないというジレンマを抱える。)

よくなかったこと・反省

・視力が急に悪くなった(深夜の仕事は今に始まったことではないのに、ここにきて急に近視が悪化 orz)
・深夜まで仕事がはみ出すので、プラスアルファの投資(勉強や事業構想造りなど)が出来ていなかった
ドラッカー言うところの「昨日や今日の仕事・内部の仕事に忙しく、明日に変化をもたらす仕事・外部に目を向ける仕事が出来ていない」状態が続く
・接骨院とジムなど体のメンテをサボったら、股関節痛が直らない
・年賀状を諦めた

来年の予定や豊富

良い時こそ悲観する

日銭を稼ぐのも一苦労だった時期に比べると、それなりの付加価値を提供して対価をいただくということができるようになってきたと感じる。
とはいえ楽観してもいられない。前述のように「昨日や今日の仕事に忙しく、明日をよくしていくためのアクションが出来ていない」状態が続くのはリスク。
一見、状態が良いときこそ、あえて悲観的に危機感を持って次の一手を考えて、そのためのアクションを行っていきたい。

ノウハウを形式知化する・人を採用する・育成する

デザイナーまたはディレクターさんの採用・育成が急務。
もともと人を育てることは苦にならないと感じる方なのだが、ここしばらくは自分の業務でパンパンになり、「誰かのために、レクチャーの時間を十分に取るのは無理だなぁ」と思うような状態が続いていた。
(相棒の里香ちゃんには即戦力として入ってもらったので、ちゃんとしたレクチャーもせず自助努力で補って頂いて申し訳なかった。それでも頑張ってくれてありがとう。)
人を採用し、育てるフェーズを迎えるにあたって、自分や相棒が開業以来ためてきた無形のノウハウを、一度、再現性が高くなるように形式知化して、組織に浸透させていく事に力を入れたい。
私や相棒が新しいことに取り組んで、そのプロジェクトを終えて完結とするのではなく、それを再現性の高い形式知に変えて、組織のプロセスとしてこそ、価値を持つ。
人を増やすとともに、ここの落とし込みができるかどうかが、組織として生み出せる付加価値に大きく影響すると感じるので、今年特に注力していきたい。

柔軟な働き方に関する取り組みの継続

ライフステージに合わせた働き方を実現する一手段としてリモートワークを導入している会社で、私・相棒・&パートだけの時は、信頼に基づいた簡易な労務管理で良かったのだが、正社員を増やして組織を大きくしていくにあたって、労務管理を「柔軟にするところ」と「きっちりするところ」を定めて仕組化をしなくてはと思っている。
サイボウズなどの事例を参考に、自社ナイズした仕組みを構築していきたい。CRMや社内ツールとして、Kintoneも入れたいな…。

自分の働き方改革と、次のための投資をする時間の確保

「四当五落!若いから大丈夫!」と思っていたけど、そろそろ寝不足を改善しないとマズい気がする。
はみ出したものは私が吸収すればいいという発想や、私しかできない業務 みたいなものを極力減らし、仕事がコンスタントに回る体制作りを行ない、慢性的に深夜にはみ出す業務を改善したい。
そうして、深夜業務を控えて空き時間をつくり、「勉強や事業構想作り」など明日のための投資にあてたい。

自社事業

休眠していたネットショップの優先度を上げ、戦略的に動く。ここについてはやるやる詐欺をやりがちなので、多くは語るまい。

プライベートのふりかえりと抱負(手抜き)

プライベート ふりかえり

・友達のネイリストさんのところで人生初ネイル
・娘が6年生のため地域の児童会役員の仕事で地味にあたふたする(仕事意外だと基本的に抜けさくな自分を省みる)
・末っ子が年長になったので、幼児グッズの断捨離を開始し、部屋が片付きそう
・子供3人が元気で成長してくれていることに感謝
・仕事に理解をし、支えてくれる主人、実家の家族に感謝

プライベート 抱負

・子供たちの○○に行きたい、○○をやってみたいという願いを少しずつ叶える
・料理の品数を増やす
・カラオケに行きたい

さいごに

日々忙しく、真剣にやるからこそ、苦しいなと思う時もあるけれど、総じて喜びややりがいを感じることが多く、振り返ってとても幸せな1年を過ごさせて頂きました。
事業をしながら、協業仲間の皆さんやお客様たちと、おのおのの事業のこと、課題、目標から、たわいのないことまで、わいわいと語れるひとときが大好きです。

本年もお世話になりありがとうございました。
2019年も、より一層、お客様のWEBを通した課題解決・理想実現のお役に立てるように、また、従業員・家族・関わる全ての皆さんの幸せに貢献できるように、精進して参りたいと思います。
どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

書いた人
めぐ茶めぐ茶
Web制作とシステムの会社をやってるワーママ社長です。
詳細プロフィール