下請けも捨てたもんじゃないと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエブルでは下請けの案件も喜んでお受けしているのですが、
お客様と直接やりとりできない分、ごくごくまれに、
「お客様も親請けさんもご満足いただけたのだろうか」
「私たちは上手くやれたのだろうか」
と、少し気がかりな終わり方をする案件もあったりする。

そんな引っかかりを残した案件のうち、1件のお客様と、奇遇にも電話で直接お話しする機会があった。
そしたら
「大変であまり良い案件じゃなかったでしょうけど、おかげさまでリニューアル前より結果が出てきて、
以前のサイトよりも反響がいいことがデータでもわかりました。
直接お話しするのは初めてですが、あなたにはとても感謝しています。」
と半年越しのねぎらいをかけてくださって、泣きそうになった。

かなり頑張った案件ではあったけど、力不足を感じるところもあったり、
納品したサイトがちゃんと成果を出せているのかずっと不安だった。けど、

ちゃんと成果を出せていて、それが認められていたんだと初めてわかった。
会ったこともない下請け業者に、そんな言葉をかけてくださるお客様も素敵だし、
親請けさんが結果を出すために、間に入って一生懸命だったことも感じていたので、
親請けさんにとっても喜ばしいことで、すごくほっとした。

直接お客様のフィードバックを受けられるか否かにかかわらず、
プロとしてアウトプットを出すために取り組むことは変わりないのだけど、
結果として、成果がでたと、聞けたならやはり嬉しい。
また、自分たちが逆の立場でも、同様にしていきたいと感じた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

書いた人
めぐ茶めぐ茶
Web制作とシステムの会社をやってるワーママ社長です。
詳細プロフィール